エイジングケアにオススメな情報を発信中!

薄毛で悩んでいるなら「バスタイム」「スカルプローション」「睡眠」が大事!知らないと損する「3つの薄毛対策」

頭 髪美
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。

美容と健康を心がける。頭皮(肌)と髪の「エイジングケア」へようこそ!

抜け毛が増えたり毛の成長が止まり、髪が薄くなる状態のことを『薄毛』といいます。

年齢問わず日本人男性の約3人に1人が薄毛に悩んでいるそうです。

現代女性も薄毛で悩む方が年々増えていて、今や男性より女性の方が薄毛に対して深刻に悩みを抱えていて、ドラックストアなどの育毛剤の売り上げは、男性用育毛剤より女性用育毛剤の方が上回っているようです。

今回ご提案する内容は「バスタイム」「スカルプローション」「睡眠」の必要性!いかに薄毛で悩んでいる方に必要なのかを、薄毛ケアに頑張る女性のためにお伝えします。




間違った「バスタイム」に注意!

一日の終わりのリラックスタイムはやっぱりお風呂ですよね。

毎日のバスタイムで、間違った入り方で自ら「薄毛」を進行させていませんか?

実は、バスタイムにしっかりと湯船に浸かることは、抜け毛を減らすための大切な習慣のひとつ!

しかし、ただ湯船に浸かれば抜け毛が減るというわけではありません。

シャワーだけはNG!

シャワーだけで、湯船に浸かわないと「身体によくない」とよく聞きますが、身体の健康だけではなく薄毛対策に必要と言われています。

それは、シャワーのお湯が当たっている部分しか身体が温まらなく、身体全体が均一に温まらないからです。

スポンサーリンク

頭皮はもちろんのこと、身体全体の血行も良くなりません。湯船に浸かることが、身体全体の血行促進により「薄毛対策」につながります。

湯船にて身体が温かければ全身の血行が良くなりますが、冷えると血管が収縮し、頭皮にまで血液が行き届きません。

髪の毛は血液から栄養を受け取ることで、頭皮環境が整えてハリコシのある髪の毛へと導きます。

そして、同時にリンパの流れも良くなるため、身体に蓄積された老廃物がリンパの流れによってどんどん運ばれ、細胞の新陳代謝を促してくれるので、より抜け毛対策ができるのです。

また、湯銭に浸かることで、皮膚温度が高まり毛穴を開かせることができます。

とても大事なことですが「毛穴の奥の汚れや、皮脂などを身体の外に排出する」ことができます。

毛穴の汚れや詰まりが解消され「抜け毛・薄毛」の対策にもなるわけです。

朝シャンはNG

朝にシャンプーをすると1日キレイな状態が保たれると思っていませんか?

それは真逆で、朝にシャンプーをすると睡眠中に分泌された頭皮の皮脂が洗い流されてしまいます。

皮脂は必要で紫外線などの外からの刺激から守ってくれ、頭皮を乾燥させないようにしてくれています。

朝にシャンプーをして落としてしまうと、日中に必要な皮脂が分泌されてしまいます。

補うために分泌されてしまうため皮脂の過剰分泌になってしまいます。

皮脂の過剰分泌はニオイの原因になったり、細菌の繁殖も招きます…

細菌が繁殖してしまうと、やはり薄毛に繋がってしまうので注意です。

シャンプーは、夜に1回だけで十分です。もし、眠気覚ましや寝ぐせ直しのために朝にシャワーを浴びるとしてもシャンプーはやめましょう。

また頭皮にお湯を当てすぎず、皮脂を落としすぎないように気をつけるのが大切です。

熱すぎるお湯はNG

湯船に浸かる時に、熱いお湯に入ると急激に血行が良くなるのでNGです。

血流が急に良くなると、心臓にも多くの血液がいってしまい自律神経が働き過ぎてしまいます。

リラックス効果がなくなるというより、興奮状態に似た症状になってしまって、夜に寝付かなくなってしまうので逆効果です。湯船に浸かるお湯の温度は、ぬるま湯の39~41℃くらいが最適といわれています。

浸かる時間は15~30分くらいでのぼせないようにしましょう。

スポンサーリンク

または、10分間を3回繰り返す入浴がオススメ!

この入浴法を毎日することで血行促進に繋がり、髪にしっかりと栄養が行き渡ります。

また、自律神経の働きも穏やかになり正常に働き、身体の機能も整えやすくなります。そして、ストレス解消にも役立ちます。

血行促進が高まめるのにおすすめなのが入浴剤です。

人気がある「BARTH」入浴剤をご存知ですか?

温泉大国ドイツ生まれの「中性重炭酸」で、血行促進はもちろんのこと肌をしっとりと保湿が期待できます。

また、炭酸は毛穴に詰まった汚れや皮脂を浮き上がらせ、頭皮の汚れも落としてくれます。

シャンプー後に湯船のお湯で流すことで薄毛対策ができます。是非、1度試してほしい入浴剤です。

スカルプシャンプーを使うこと

現代女性は、スカルプシャンプーを使うのが常識になっています。

スカルプシャンプーとは、アミノ酸シャンプーで低刺激で泡立ちが良く、皮脂の取りすぎがないため頭皮トラブルを防いでくれます。

さらに、美容成分を配合して頭髪への栄養バランスや保湿を高めてくれるので、乾燥を防いで頭皮環境を整えてくれるシャンプーです。

↓大人髪にオススメの最適なシャンプー「HANAオーガニックシャンプー」の関連記事があります。↓

頭髪はドライヤーで乾かす

お風呂上りには、ドライヤーを使って頭皮と髪を乾かすことが大事です。

まずタオルドライで水分をとり、その後ドライヤーを使って頭皮を中心に乾かすのがポイントです。

頭皮を乾かさないと雑菌の繁殖により、頭皮トラブルを招いてしまいます必ず早めに頭皮を乾かすことが重要です。頭皮の乾かし過ぎもフケ・かゆみの原因になるので注意が必要です。

そして、毛先まで乾かす流れになりますが、まだ少し濡れている(湿っている)状態で、そこからは冷風を使って乾かすことがオススメです

こうすることで髪、頭皮にダメージを与えることはありません。

↓このサイトでは、コラーゲンを浴びることができるコラーゲンドライヤーをオススメしています。↓

 

現代女性の必需品「スカルプローション」

スカルプローションとは、頭皮環境を整える成分配合して髪を生やすために大事な成分も多く入っています。

薄毛を改善するためには、スカルプローションだけは使っておきたいヘアケア商品です。

風呂上がりにドライヤーで8~9割くらい乾いたら、スカルプローションを塗布して馴染ませながら頭皮をマッサージをすることが大切です。
美容業界で注目されているのが「ヒト幹細胞培養液」。再生医療から生まれた成分で「アンチエイジングの最終兵器」ともいわれています。

この成分は「細胞を活性化」させる成分で抜け毛・薄毛対策にも優れていることから多くのメディアにも取り上げられています。

スポンサーリンク

「ヒト幹細胞培養液」を配合したスカルプローションでオススメ商品が2種類あります。下記に関連記事がありますので、是非チェックしてみてください。

■「アクティバート」

■「THE SCALP5.0C」

薄毛対策は「睡眠」が大切!

「睡眠」が薄毛対策に重要視される理由は、成長ホルモンが関係しているからです。

髪の毛を育てる成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるため短い睡眠はオススメできません。

1日の睡眠時間は最低でも5時間。

より良い頭皮環境を維持するために最低限必要になります。

また、眠っている間に活動する「副交感神経」の働きも髪の成長に欠かせないモノです。

では、どのような睡眠が理想なのかを「2つの正しい睡眠方法」をお伝えします。

正しい睡眠方法①:成長ホルモンがキーワード!良質な睡眠を得るには

睡眠は約90分間の周期で「深い眠り、浅い眠り」を繰り返します。

その1周期目と2周期目、つまり最初の3時間にもっとも成長ホルモンが分泌されます。
ここで深いレベルで眠れると、成長ホルモンが髪の成長を助け、さらに脳と体の疲れがスッキリとれます。

眠ってからの3時間で髪は成長するということです。

そして、眠る直前にやってはいけないことは「食事」と「スマホやパソコン」を見ることです。

食事は胃の働きが活発になるため熟睡できなくなり、「スマホやパソコン」などのブルーライトは脳を覚醒させて眠りを妨げてしまいます。

ぬるめのお湯にゆっくりつかったり、ストレッチをすると身体の緊張がとれて寝つきが良くなります。

私は寝る前に簡単な1分ストレッチをしています。

正しい睡眠方法②:就寝時間が大事

髪を生み出す「毛母細胞の分裂」は午後10時頃から午前2時頃までがピークになり、髪はその時間帯に最も伸びるとされています。

この時間帯はもともと肌の「ゴールデンタイム」と呼ばれていますが、髪にとっても同じことです。

昼間に受けた外的刺激(紫外線など)による頭皮や毛根のダメージは、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンが働いて修復されるため、夜更かしや睡眠不足が続くと、修復力も毛母細胞の分裂も低下しやすく、髪の成長が遅れがちになるのです。
寝不足は血流にも関係していると考えられ、髪の成長にも影響します。

髪のゴールデンタイムに就寝する習慣を身につけることが薄毛対策には必要なのです。

一般的には7~8時間の睡眠をとるのが「抜け毛・薄毛」予防となる睡眠時間になります。

睡眠方法:まとめ

男女ともに共通する原因として「抜け毛・薄毛」は睡眠時間と密接な関係があるということです。

睡眠時間が不足し、自律神経が乱れたり、ホルモンのバランスが悪くなると抜け毛が増加します。

成長ホルモンが減少し、頭皮や髪の修復が行われなくなってしまいます。

毛母細胞は、ゴールデンタイムの22時~翌2時が髪の成長タイムになるので、早く寝ることが抜け毛を防止することになります。

お風呂はぬるま湯にして、簡単なストレッチをすることで良質な睡眠が得られるので、是非試してみてください。

さいごに

薄毛対策には「バスタイム」「スカルプローション」「睡眠」が大事!はいかがでしたか?

本当に薄毛で悩みを抱えている方に参考にしていただければ幸いです。

だが、この対策をしてすぐに効果が現れることはありませんが、継続して続けること頭皮環境が整えて、または改善することで、美髪へと道しるべになると思います。

とにかく継続することが大切です「継続は力なり」!

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 頭皮と髪の「エイジングケア」 , 2019 All Rights Reserved.