エイジングケアにオススメな情報を発信中!

【暑い夏】3つのアイテムで「髪を時短ドライ」する方法!「Nobby by TESCOM」「スカルプDスパセラム」「ホットマンタオル」

頭 髪美
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。

美容と健康を心がける。頭皮(肌)と髪の「エイジングケア」へようこそ!

暑い夏は、お風呂でさっぱりしても髪を乾かすのに、すぐに汗がじんわりと…
暑いからドライヤーしなくていっか、なんてことになってませんか?

髪を乾かさずに寝るのは危険です!雑菌が繁殖し頭皮トラブル(「抜け毛」「フケかゆみ」)などの原因にもなってしまうので言語道断です!

暑くても「髪を時短ドライ」する方法を4つお伝えします。

これをすれば暑い夏も頭皮・髪を健やかに保てます。

 




「髪を時短ドライ」方法①「タオルドライ」

暑い夏の「ヘアドライ」を時間短縮するためには、ドライヤーをかける前にしっかりとタオルドライをして、髪の毛の水分を充分に取っておくことが重要です!
普通のタオルだと中々水分を吸収しなくて「ゴシゴシッ」とタオルドライしてませんか?
摩擦により、髪の毛が傷む原因になります!

そこで、優れものタオル「1秒タオル」があるのはご存知だろうか?
吸水性抜群で、押し当てるだけで瞬時に水分を吸収してくれます。

YouTube動画で驚きの吸収力なのは一目瞭然です!

お風呂上がりの、濡れた髪の水分を瞬時に吸収してくれるので、髪のキューティクルを剥がすことな頭皮にも負担をかけることがなくなります!
「1秒タオル」で頭皮をマッサージするように優しくしっかり水分を吸収してくれるのでドライヤーの時間短縮に繋がります!そして頭皮・髪の傷みを防ぐことができます。

スポンサーリンク

「1秒タオル」の口コミをまとめてみました

良い口コミ
〇吸ってるーと実感できる
〇吸収力が全然違います
〇髪の乾きが早かった
〇色違いで揃えたい
〇日本製なので安心
〇虜になった
〇コツコツと買い換えている
〇軽く拭くだけで吸収してくれる
〇リピ買いが多い
〇色合いが上品

悪い口コミ
✖生地がチョット硬め
✖くずが出る
✖値段が高い 売れ筋のハンドタオル 38×86cm 1,620円(税込)

高評価でした!私も使ったところ吸収性はスゴく良く頭皮や髪に負担がかからないことを実感しました!悪い口コミでありました「生地がちょっと硬め」とありますが、正直なところ、もうちょっと柔らかくして欲しいのは本音ですが、許容範囲の硬さではないでしょうか!

値段は高めではあるが、使ってみると吸収性の良さに虜になるかもよ!

これを使えば、ドライヤーで熱を当てることが少なくなり時間短縮になります。

 

「髪を時短ドライ」方法②ドライヤーは「リビングで!」

1日の疲れがとれるバスタイム後に、ヘアドライを脱衣所でしてませんか?

ドライヤーをすると髪の毛が落ちたり、ドライヤー音で家族に迷惑をかけてしまうなどで、脱衣所でのヘアドライがベストを思う方が多いはずです。

ところが脱衣所でヘアドライをするデメリットがあるって知ってました?
早く髪を乾かしたいのに、湿気の多い脱衣所でヘアドライしても乾きが遅くなります。

ドライヤーの熱と空気中の湿気が混ざり合い、お風呂場の湯気が高湿な状態を生み出すことになってしまい、乾くはずの髪も乾かなくなってしまいます。

夏の暑い時は、扇風機やクーラーをかけている場所が一番望ましい!できるだけ湿気の少ないリビングなどで乾かすのが1番理想でもあり効果的です。

 

「髪を時短ドライ」方法③ドライヤー「冷風モード」

ヘアドライ中で暑いなぁ!と感じたら、いさぎよく冷風モードに切り替えて、涼みつつ乾かすのがオススメです!生乾きでもOK♪

暑いのにムリして温風で乾かしても汗がでたりで、せっかく「タオルドライ」で水分を吸っても、また湿気を帯びてしまい悪循環になります…

汗が出始めたなぁって思ったら、冷風モードに切り替えて、汗が収まったら温風に切り替えるという「温冷繰り返しテク」を使うと、結果として早く乾かすことができます。

とはいっても、ドライヤーによって風力が異なります、冷風モードでも風量が多く乾きやすいドライヤーを紹介します!

サロンシェアNo.1の高機能ドライヤー「Nobby by TESCOM」というプロフェッショナルなドライヤーです、このドライヤーの優れている点は、マイナスイオンドライヤー(プロテクトイオン)で3つの機能があります


温度切替」
HIGHモード
LEDランプ(熱い風)
温風温度:約110℃

MIDモード
LEDランプ(暖かい風)
温風温度:約90℃

 

LOWモード
LEDランプ(ぬるい風)
温風温度:約70℃

 

風量切替
SPEED・・・強モード
DRY・・・中モード
SET・・・弱モード
OFF・・・電源切


即冷スイッチ

この機能が、夏の暑い時期に髪を乾かすのに「役に立つ」機能です!
このドライヤーは、温風から瞬時に冷風になるというのが特徴で、
「温冷繰り返しテク」で活躍できる機能です。
※一般的なドライヤーは、冷たい風になるのに時間がかかります。


この3つの機能をもつ商品は「ダイソン」ドライヤーです、
同じような機能を持ちつつお値段が17,800円(税抜)とコスパもよい!
そして、「即冷スイッチ」でも風量があるので乾きが速くなります。

スポンサーリンク

YouTube(公式サイト動画)でも時短ヘアドライを謳っています!
まさに暑い時期には必要なドライヤーでは?

Nobby by TESCOMドライヤーのデメリットである重量です、
なんと!800gで重たい…

この値段で高機能なのに!と思いますよね
サロンNo.1シェアの「TESCOM」はちゃんと考えてます!
付属品に「スタンド」を用意しています!


ドライヤーを置きながらハンズフリーで乾かせます!
この付属品は、とても便利です!
Instagramに「スタンド」を使用している動画があります。

いかがでしょう!風量もあって、ドライヤーを持たなくても
乾かせることができます。

先程ご紹介しました「温冷繰り返しテク」
Nobby by TSCOMドライヤーで簡単にできますよ!
暑い時期には「MIDモード」で70℃の温風でヘアドライをして
暑くなってきたら「即冷スイッチ」に切り替える
この繰り返しをすると、乾きも速く髪にものすごくツヤ感がでます。

ドライヤーの買い換えしようと思っている方は
「Nobby by TESCOM」はオススメなドライヤーですよ♪

 

その他、「Nobby by TESCOM」の関連記事もあります。

 

「髪を時短ドライ」方法④「スカルプ スプレー」



夏の暑い時期に、是非使っていただきたいのが「スカルプスプレー」です
メントールなど配合している爽快感あるスカルプスプレーで毛穴を刺激することで、涼しく暑い夏でも気持ちよくヘアドライができます。

数あるスカルプスプレーの中で「女性専用のスカルプDボーテ」シリーズの
「スパセラム」がオススメです!


薬用育毛スプレー「スパセラム」はジェット炭酸スプレーで爽快感を与えてくれます、
爽快感だけではなく、女性ホルモンを整える「豆乳発酵液」(イソフラボン)を配合しているので頭皮環境を良くし「抜け毛まで予防」してくれます。

それだけではなく、傷んだ髪にも栄養を与えて「ツヤのある髪」へと導いてくれます。

香りは「シトラスフローラル」で育毛剤独特の香りはせず癒やされます。

スカルプDボーテ「スパセラム」の口コミをまとめてみた

良い口コミ
〇ジェット炭酸スプレーなのでしない液垂れ
〇抜け毛が減った
〇泡のシュワシュワ感が気持ちいい
〇香りが好き
〇くせ毛にも良い
〇髪にツヤが出た
〇脂が抑えられてる感じ
〇髪の軋みがなくなった

悪い口コミ
✖値段が高い
✖無香料が良かった

口コミの中で、気持ちいい・スッキリするなど使用感の良さを評価した口コミも多く、リピーターで購入している方も数名いました!

スポンサーリンク

頭皮と髪が健康になったという口コミもあり高評価でしたね(^^)

 

さいごに

「髪を時短ドライ」する方法はいかがでしたでしょうか?

頭皮・髪に負担を掛けずにドライヤーをすることが1番必要なことでもあります。

「温冷繰り返しテク」を使って、暑苦しい夏の夜を乗り越えましょう!

「髪は女の命」ともいわれるくらい大事な部分でもあるので、負担をかけず「エイジングケア」をおこないましょう!
そして、キレイな美髪になるように心がけましょう(^^)

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 頭皮と髪の「エイジングケア」 , 2018 All Rights Reserved.