エイジングケアにオススメな情報を発信中!

【大人の白髪染め】ヘナカラーのメリット・デメリットとは?ハーブのチカラでナチュラルケア!

頭 髪美
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。

美容と健康を心がける。頭皮(肌)と髪の「エイジングケア」へようこそ!

ヘナは伝承医学アーユルヴェーダの歴史のなかでも、治癒力効果・髪への効果が高いハーブとして伝承し続けられてきました。

体に優しいハーブの白髪染めとして、そしてトリートメントとしても人気の高いヘナですが、使用方法によって差が出てきます。ヘナ歴13年の私が、ヘナを賢く使う方法を伝授します。

 




ヘナをするメリット・デメリット

メリット① 髪にハリコシが出てツヤツヤになる。

ヘナは毛染めのイメージがある方が多くいますが、実は、髪のトリートメント効果が非常に高いのです。

使い続けるとヘナが髪のタンパク質に絡みつくことで、ハリコシがでて非常に丈夫になります。

そして、保湿効果があるので髪がツヤツヤになり『天使の輪』がでます。

初めてヘナをすると、若い時のような髪に蘇ったような驚きの仕上がりになるでしよう!

ヘアサロンでトリートメント&プロの方にブローしてもらったかのような実感が得られます。

そして、白髪染めカラーと違って、ヘナで染め続けると、髪の毛は勿論のこと、頭皮まで健やかな状態になり、頭皮環境を整えるので髪の毛が育みます。

髪のダメージもないので、細毛になる心配もなくなります。特に、薄毛にお悩みの方にもすごくオススメです。

スポンサーリンク

 

メリット② ナチュラルハーブなので頭皮ダメージ0ゼロ

ヘナはナチュラルハーブなので、頭皮には一切ダメージがなく健やかにしてくれます。

ヘナは自然治癒力を高めてくれる薬草になるので、頭皮や髪にハーブならではの栄養を与えるとい効果が期待できます。

ダメージどころか、頭皮に血流を促して、美髪へと導いてくれます。因みに、頭皮は経皮吸収率も高いので(腕の皮膚と比べて頭皮は3.5倍)、ヘアカラー(パラフェニレンジアミン)などのケミカルな薬剤だと、長期的に使用すると頭皮が乱れて細毛になっていきます。

ヘアカラーの原因で薄毛になった方も多くいますが、ヘナで染めた方が断然、体にも優しく安全といえます。

メリット③ヘナは「クセ毛」「うねり毛」をカバーできる

ヘナは髪にハリコシを与えるとメリット①でお伝えしましたが、それだけではなく、出産後の髪質変化により「クセ毛」やエイジングによる「すねり毛」にも効果を発揮してくれます。髪質の変化は、髪のダメージによる栄養不足や乾燥により引き起こしているのです。

ヘナをすることでヘナが髪に絡みつき栄養補給をして、それと同時に保湿を与えてくれ、乾燥から潤いを保つのがヘナの特徴でもあります。ヘナを継続して使用することで、髪がハリコシのあるまとまりの良いヘアスタイルが楽しめます。

特に、梅雨時期の湿気や夏の汗でうねりがちの時は、月に2回以上ヘナ染めをすることでとっても扱いやすい髪質になりますよ。

メリット④ヘアサロンに行く回数が減る。

ホームヘナをすることで、とにかくヘアサロン代が浮きますしサロンに行く手間が省けます!

白髪染め料金、トリートメント料金が全ていらなくなるので経済的にもなります。
その分、ヘナを行う時間と手間がプラスされますが、これはめっちゃ嬉しいことなのです!年間平均4~5万円浮く可能性があります。
髪の白髪が気になるから毎月、白髪染めをして、毛が傷みやすいからトリートメントをするといった流れがなくなります、髪の毛に多くの悩みを抱えているほど、ヘナ染めをするとメリットの方が多くなります。そして経済的なのが嬉しいですよね!

デメリット①ヘナは白髪が真っ赤に目立つ問題。

ヘナだけで染めると、白髪の部分はオレンジ色に染まり、黒髪部分の色は変わらず、光が当たると明るく感じるくらいです。
ヘナだけで染めると、白髪が逆に華やかに過ぎて目立ちしますので、インディゴなどを混ぜることで調整し、ブラウンっぽく色味になります。
一般的なケミカルのヘアカラーや白髪染めと違って、全体が均一の同じ色味になりにくいです、正直なとこ白髪部分は、目立たなくなる程度です(ボカシ)何度か重ねて重ねていくと色味が濃くなって艶のある白髪染めが実感できるのです。

デメリット②ハーブヘナの畳のような香り問題。

ヘナの香りは、自然な香りで好きという方が多いですが、その反面、牧草のような香り。畳のような香りが、ちょっとクサイと思う方もいて、香りの好みは賛否両論です。一般的には、決して良い香りではないようです。この香りはヘナが酸化する期間の3日程度で臭いがなくなります。

ヘナ染めを行う時は、念のために3日間はイベントなどは避けた方が良いです。

一応、ヘナ後にトリートメントをして、ドライヤーでしっかり乾かしてからアウトバストリートメントやヘアバームなどを塗布すれば気にならない程度にはなりますが、汗をかいたり、水に濡れるとヘナの牧草のような香りがでますので注意が必要。

デメリット③ヘナ後、3日間のタオル問題。

ヘナ染め後、2~3日はタンパク質に絡みついたヘナが酸化している状態なので、しっかりシャンプーをしても色が出てきますのでタオルは暗めの色のものをオススメします。タオルは、何度か洗うと落ちるとは思いますが、シルクなどの繊維が入っていると落ちないこともあるので、お気に入りのタオルは使わない方が良いです。

ヘナ専用タオルとして2~3枚あれば、問題なくヘナを使うことができます。

そして、これも重要です、ヘナ後の3日間程度は、白い服は控えた方が良いです

濡れた髪の毛が洋服など衣類に付着するとヘナの色味が付着する可能性があるので注意が必要です。

ヘナはたっぷりと頭皮・髪に塗布するのが正しい!

ヘナは、薬草なので髪だけでなく頭皮にたっぷり塗布するのが理想的で正しい使い方になります。

ヘアサロンでも頭皮だけに塗布して「頭皮パック」というメニューがあるくらいです。頭皮・髪にケチらずにたっぷりとヘナを塗布するのがポイントなのです。

スポンサーリンク

動画でもありましたが「ドレッシング容器」を使うと簡単にペーストが作れます。

ヘナをしたことがある方ならわかりますが、これが結構大変なので試してみてください。

ポイントは「お湯」を入れ「ヘナ」を入れてフリフリするだけで簡単に作れますが、ヘナを入れてからお湯を入れると粉が舞ってしまい、周りを汚してしまうおそれがあるので入れる順番に気を付けてください。

また、ドレッシング容器でフリフリすると、ヘナがダマになりにくいので私は重宝してヘナのペーストを作っています。

ヘナを塗布する時は、お風呂場が一番いいです。ヘナが飛ばないように気を付けていても垂れる恐れもあります。

もし、ヘナが飛んだり垂れてもすぐに洗い流せば汚れは残りにくいです。

もし、お風呂場が大理石など残ってしまう場合もあるので注意してください。

その後に、頭全体をサランラップでカバーしてからヘアターバン(液ダレ防止)をすることがオススメな使用方法です。

その後にタオルで覆うことで熱がより逃げにくくなるので、最後にタオルを巻いてから1~3時間くらい自然放置します。

自然放置の時間が長いと思った方、意外に家事をしたりDVDなどで映画鑑賞するとあっという間に時間が過ぎます。

もし、放置時に体調が優れない場合は流したほうがいいですが、時間を置くのが長ければ長いほどヘナの良さがプラスされますので3時間放置が理想です!

最低でも1時間は放置をしないと意味がないようです。是非やってみてください。

ヘナは「液ダレを防ぐ」ことが大事!

ヘナは薬草なので、たっぷり塗布して長時間置いた方が理想とお伝えしましたが、時間が経つとヘナは発汗性があるので汗をかいたり、ヘナと水分が分離して水分が垂れてしまうのです…

それを阻止しなければ、時間を置いたとしてもヘナが髪へ付着することなく弾いてしまいます、生え始めの(根元)白髪のキューティクルは、黒髪と比べても膨潤しにくく撥水性なので弾きやすいのです。

特に白髪が弾きにくい方に、必要なのが「キサンタンガム」
ヘナの染まりが良くなり液ダレも防げます。ペースト状に少量混ぜるだけで、粘性が高まり塗布もしやすくなります。食品にも使われる増粘剤なので安全ともいえる粉末状になります。

「キサンタンガム」とは?
キサンタンガムとは、土壌に生息する微生物から作られる多糖類の一つで食品添加物として多くの加工食品や化粧品に使われています。

「食品や化粧品に粘り気を与える増粘剤」「分離しやすいものを分離しないようにする安定剤」として使われるのがほとんどです。

キサンタンガム自体には毒性はほとんどなく安全性は高いとされています。

使用方法は、ヘナ60gを使用する場合に約1gを混ぜるだけです。
■ヘナペーストが塗りにくいと思っている方にオススメの天然増粘剤
■ヘナの使用量も、塗布が簡単&粘りが出てヘナの使用が少なくなり経済的になる
■ヘナを簡単にできる天然安心増粘剤

頭髪美
ヘナの使用量が少量になり、ヘナのペーストに弾力性が増して、ヘナの塗布が非常に楽になるのでオススメです。

オススメのヘナは「かの子ヘナ」

日本で発売されているヘナ会社は200社以上といわれていますが、全てが優れたヘナではないのです。

スポンサーリンク

要するに紛い物のヘナが多く存在しています。

化粧品登録されていないヘナや、天然100%と謳いながらも実はケミカルが配合されていたりと、妖しげの会社が物凄く多いのです。

その中でも、今回紹介するヘナは『かの子のハーブヘナ』

品質にこだわったヘナを販売しているメーカーで、6種類の天然100%ヘナを販売されています。

その中でも4種類の人気のヘナを紹介します。

無添加ライトブラントと記載あるかの子のハーブへナは「純粋なるヘナ」になるため白髪部分は真オレンジに染まるトリートメント効果が優れた商品になります。

【商品名】PIA 無添加 & オーガニック ヘナカラー【ヘナ】 かの子のハーブヘナ 2番
【容 量】100g
【価 格】2,484円(税込)

無添加ブラウンと記載があるかの子のハーブヘナは「18種類のハーブ」をブレンドしたヘナで赤味を抑えたヘナになり、トリートメント効果も優れた商品になります。

【商品名】PIA 無添加 & オーガニック ヘナカラー【ヘナ】 かの子のハーブヘナ 25番
【容 量】100g
【価 格】3,024円(税込)
かの子のハーブヘナ25番「内容成分」
ヘンナ・クルミ殻粒・ウコン根・アンマロク果実・ムクロジエキス・アカシアコンシナ果実・ミロバラン果実エキス・チャ葉・バコパモンニエラエキス・バラエキス・メリアアザジラクタ葉・カミメボウキ葉エキス・コーヒー種子エキス・アセンヤクノキガム・レモン果皮・コロハ種子エキス・タカサブロウ葉・ウィタニアソムニフェラ根エキス・パパイヤ

無添加ディープブラウンと記載があるかの子のハーブヘナは「インディゴ(ナンバンアイ葉)」を配合したヘナ独特の赤味をブラウン系になるヘナです。白髪の部分は緑っぽく仕上がるが3~7日後にブラウン系になります。

【商品名】PIA 無添加 & オーガニック ヘナカラー【ヘナ】 かの子のハーブヘナ 38番
【容 量】100g
【価 格】3,780円(税込)
かの子のハーブヘナ38番「内容成分」
ナンバンアイ葉、ヘンナ、クルミ穀粒、クスノハガシワ樹皮エキス、ヘンナエキス、ハイビスカス花、アンマロク果実、アカシアコンシナ果実、ムクロジエキス、チャ葉、バコパモンニエラエキス、バラエキス、メリアアザジラクタ葉、タマリンド、タカサブロウ葉、カミメボウキ葉エキス、ミロバラン果実エキス、コーヒー種子エキス、アセンヤクノキガム、レモン果皮、コロハ種子エキス

無添加ダークブラウンと記載があるかの子のハーブヘナはインディゴをブレンドして「赤味が少ない仕上がり」になります、天然100%で1番濃く染まるヘナを楽しめる商品です。

【商品名】PIA 無添加 & オーガニック ヘナカラー【ヘナ】 かの子のハーブヘナ 35番
【容 量】100g
【価 格】3,780円(税込)
かの子のハーブヘナ35番「内容成分」
ナンバンアイ葉、ヘンナ、クルミ穀粒、クスノハ ガシワ樹皮エキス、ヘンナエキス、ハイビスカス花、アンマロク果実、アカシアコンシナ果実、ムクロジエキス、チャ葉、バコパモンニエラエキス、バラエキス、タカサブロウ葉、カミメボウキ葉エキス、ミロバラン果実エキス、コーヒー種子エキス、アセンヤクノキガム、レモン果皮、コロハ種子エキス

無添加ブラックと記載があるかの子のハーブヘナは「酸化鉄」を配合したヘナになるので、ナチュラル志向の方にはオススメはできない商品です。

だが、今までのヘナでは物足りないと思っている方には、重宝されるのではないでしょうか。

天然100%のヘナより色味に深みが出るし、ジアミンかぶれの方でも使えます。

【商品名】PIA 無添加 & オーガニック ヘナカラー【ヘナ】 かの子のハーブヘナ 31番
【容 量】100g
【価 格】3,240円(税込)
かの子のハーブヘナ31番「内容成分」
ナンバンアイ葉・ヘンナ・ウコン根・クル ミ殻粒・酸化鉄・アンマロク果実・ムクロジエキス・アカシアコンシナ果実・ミロバラン果実エキス・チャ葉・バコパモンニエラエキス・バラエキス・メリアア ザジラクタ葉・カミメボウキ葉エキス・コーヒー種子エキス・アセンヤクノキガム・レモン果皮・コロハ種子エキス・タカサブロウ葉・ウィ タニアソムニフェラ根エキス・パパイヤ

無添加アッシュ記載があるかの子のハーブヘナは「無色のヘナ」になります。

色は変えたくないが髪にハリ・ツヤが欲しい時に、トリートメント効果としてご使用していただく商品です。

【商品名】PIA 無添加 & オーガニック ヘナカラー【ヘナ】  かの子のハーバルヘナシルキー
【容 量】100g
【価 格】3,780円(税込)
かの子のハーブヘナ シルキー「内容成分」
カオリン・アンマロク果実・アカシアコンシナ果実・オレンジ果皮・ローズ油・ヘンナ・グリセリン・オレンジ油・メリアアザジラクタ葉・メリアアザジラクタ葉エキス・ムクロジエキス・チャ葉・バコパモンニエラエキス・バラエキス・タカサブロウ葉・カミメボウキ葉エキス・ミロバラン果実エキス・コーヒー種子エキス・アセンヤクノキガム・レモン果皮・コロハ種子エキス

 

さいごに

使い続けるほど髪にハリコシがでる「ヘナ」はいかがでしたか?

天然100%になるためメリット&デメリットがありますが、体には負担掛かることなく頭皮ケア&天然カラーを楽しめます。とくにヘアカラーや白髪染めでカブれてしまう方にもオススメです。

薄毛対策として頭皮パックとしてご使用いただき、ついでに白髪が染められるような考えでヘナをすると健やかな頭髪になり美髪へと導いてくれます。

年齢を重ねた大人髪には、とっておきの天然100%のヘアケアではないでしょうか!

頭髪に悩みを抱えている方や、ナチュラル志向の方にオススメできるヘナも紹介しましたので、是非お試しください。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 頭皮と髪の「エイジングケア」 , 2019 All Rights Reserved.