エイジングケアにオススメな情報を発信中!

メントール入りシャンプーは薄毛の原因になる?ルメント夏季限定「シトラスミントの香り」にも 配合しているけど・・・

頭 髪美
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。

美容と健康を心がける。頭皮(肌)と髪の「エイジングケア」へようこそ!

 

夏の暑い時期は、スカッとスッキリしたいですよね!汗をかいて頭や肌がベタベタになるし、帰宅したらすぐにでもシャワーを浴び体をキレイにスッキリしたいですよね、そんな時に、メントール入りシャンプーで洗えばスッキリとフレッシュできますが、そのメントールが薄毛の原因に?という噂があるので調べてみました




メントールシャンプーを使ったら「薄毛」になるの?

夏になると使いたくなるメントール入りの爽快感あるシャンプー。しかし、これが薄毛の原因になるという噂も。

実際にはどうなのか?

メントールは多岐に渡って使われています「駄菓子」「マウスウォッシュ」「ボディソープ」「シャンプー」「洗顔料」「歯磨き粉」など色々とあります。

メントールが含まれた商品は誰もが1度は使ったことがあるのではないか、メントールの印象といったらスースーする感覚だと思います。

清涼感は体の温度を下げてくれます、特に男性用化粧品に含まれているケースが多いです、ってことは、メントールは人気があるということに繋がります。

メントールが含まれているものではハッカやミントが有名です。

日本だけではなくアジア各国で万能薬としてのハッカ油も薬局の定番商品となっています。

メントールは、「抗アレルギー」「炎症を抑える」「菌の発生を抑える」「除虫作用」「血流を良くする」「神経に働きかける」「吸収促進」などありますので、自然由来の成分であるため、使用量が多くなってしまったとしても大きな問題がなく使用できます。

スポンサーリンク

 

メントールを誤解している?

「頭皮に刺激を与えて悪影響でしょ」

「頭皮を冷やしたら風邪引いちゃうよ」

など思っている方に、なぜメンソールを使うと涼しく感じるのかをご説明いたします。

メントール成分は、神経の冷感受容体を刺激する作用があります。

これは、成分が触れた箇所の神経が、本当は肌が冷たくないのに「冷たい!」と誤認するのです。

常温の「ボディソープ」や「洗顔料」なども、この誤認を利用して、肌にスースー感を感じさせています。

なので、メントール入りシャンプーは、頭皮を冷たくして清涼感を出しているのではなく、脳が冷たさを感じているだけです

メントールは頭皮環境を良くする!

頭皮に付ける商品でも、シャンプーやヘッドスパ用ジェルなどにメントールが含まれているものが多くあります。

スッキリ爽快な使用感の良さは、夏の暑い時期には特に気持ちが良いです。

しかし、頭皮には刺激が与えすぎではないか?と思ってしまう方もいるようです、

メントールは、実は万能薬の主成分として使用されるだけあって頭皮への悪影響はありません

頭皮環境を悪化させる要因の菌を抑える「抗菌作用」があり、かゆみの元となる「炎症を抑える」効果や、髪に栄養を運ぶための血管を通りやすくする血管拡張作用などで、髪や頭皮環境を整えるための役割もしっかりとしてくれます。

メントール入りシャンプーの噂は何で?

なぜ?噂になっているのだろうか。

上記で説明したように、メントールは頭皮・髪に良いと言うのは読んで頂ければ納得すると思いますが、実は、量販店やドラッグストアなどで安価で売られているメントールシャンプーのことが噂の要因みたいです。

何で?と思いますのでご説明いたします。

メンソールシャンプーで、昔からあり根強い商品といえば「シーブリーズ・リンスインシャンプー」です。

この商品をピックアップしてみます。
上画像が「シーブリーズリンスインシャンプー」の内容成分です、
成分の記載順番は含有量が多い順になります、2番目に記載されいる「ラウレス硫酸Na(ナトリウム)」はご存じですか?

この成分は高級アルコール系界面活性剤と呼ばれています。

高級というと成分が良いモノと勘違いしがちですが、炭素数値の高さを示しており、洗浄力が高いという意味です。

この界面活性剤の特徴をお伝えします。

〇泡立ちが良く、価格が安価

スポンサーリンク

洗浄力が強い
「ラウリル硫酸Na」はもともとはエンジンオイルを落とす工業用洗剤の原料です、市販のシャンプーでは薄めてありますが、髪をパサつかせたりキューティクルを壊す原因でもあります。

刺激が強い
乾燥して肌荒れを起こしやすいです。目に悪影響を及ぼし障害を招きます。動物実験では受精卵を破壊した実例もあるようです。

アレルギーやアトピーを引き起こす可能性があります。

〇タンパク質を破壊します
タンパク質を壊すことで、皮膚にダニ、汚れ、ゴミが入り込みやすくなってしまい肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

洗浄成分が高すぎるので、必要以上に頭皮の皮脂を除去します、皮脂は外的などの刺激から守る役割がありますので、頭皮のバリア機能が弱まってしまいカッサカサに乾燥し、フケかゆみが出る可能性もあります、それを補うために、皮脂が過剰分泌したりと頭皮環境を悪化させてしまいます、やはり「高級アルコール系界面活性剤」は控えた方がいい洗浄成分です。

つまり、シャンプーの良し悪しはメントールではなく、洗浄成分または他の配合成分で決まります、購入前にはしっかりと内容成分を見極めることが重要です。
では、どんな洗浄成分がいいの?と思いますよね!それは、アミノ酸系洗浄成分です!低刺激で、皮膚や毛髪を保護する機能も持っていますので安心できる洗浄成分です。
そこで、アミノ酸系洗浄成分の特徴をお伝えします。

〇泡立ちが良く、価格が高い 石けんよりも工程が長くなり、生産量が少ないため価格が高い成分になります。

〇洗浄力はマイルド
高級アルコール系界面活性剤は違い洗浄力は弱いです、必要な皮脂を除去し、頭皮のバリア機能として皮脂を残してくれので潤いが保ちます。

〇安全性が高い 安全性が高い方で、環境への自然分解能力が高い洗浄剤です。人だけでは無く環境にもやさしい界面活性剤です。

身体や頭皮・髪などにトラブルがある方は、「アミノ酸系洗浄成分」を使うことがベストです。

トラブルがなくても後々、害を及ぼす可能性がある成分を使いたくない方にもオススメです。

当サイトではメンソール入りシャンプーでオススメとして「ルメント炭酸オイルシャンプー」を推奨しています。

 

サロン専売品シャンプーに、高級アルコール系界面活性剤を使っているシャンプーってあるのかな?あまり聞いたことはないけど知ってる?

頭 髪美

ありますよ!とにかく安いシャンプーを求めているサロンだったり・・・とくに多いのは「ワンシャン用」だね!洗浄力が強いから使うサロンは多いはず、毎日シャンプーしてない方には汚れが落ちづらいから必要みたい・・・さすがに店販商品でこの成分は使ってないね!

美容師

 

そういう使い方もあるのね・・・だけど、毎日シャンプーするなら、断然アミノ酸系洗浄成分シャンプーが良いよね!ちょっと高いけど、後々、トラブル起きたら余計にお金かかるし、ハゲたくな~い!

頭 髪美

今は、女性もハゲを気にしてますよね!女性も働く時代だから、できる限りケアできるシャンプーを使わないといけませんね!

美容師

 

頭皮環境を良くし、髪の手触りが良くなるシャンプー「ルメント炭酸オイルシャンプー」を紹介しましょうか!

頭 髪美

2018年夏季限定の「シトラスミントの香り」ですよね!ほどよいメントールのスースー感が溜まらなくいいよね~!

美容師

ルメント炭酸オイルシャンプー
「シトラスミントの香り」めちゃめちゃオススメです。


画像を見て頂いてもわかるように商品名が長いので「シトラスミントの香り」だけでご案内します。

この「シトラスミントの香り」は2018年夏期限定商品になり、メントール・ミントを配合した夏に備えたシャンプーになります。(画像左)

なので、ベースの商品があります「ホワイトブーケの香り」がノーマルタイプになります。(画像右)

ルメントは、サロン帰りような髪の毛を実現してくれる炭酸シャンプーになります、そして2018年2月から山田優さんがイメージキャラクターになり「ルメント炭酸オイルシャンプー」は、さらに注目度の高まっています。

ルメント炭酸オイルシャンプーの特徴ですが、一言でいうと「高濃度炭酸で濃密泡のアミノ酸系洗浄成分シャンプー」です。

それにメントール・ミントや夏の予防になる成分配合が「シトラスミントの香り」になります。

「シトラスミントの香り」全成分
水、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、LPG、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、ヒマワリ種子油、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、スギナエキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウハッカ葉エキス、加水分解マンゴー液汁エキス、加水分解マンゴスチン果実エキス、加水分解チェリモヤ果実エキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-51、コカミドDEA、クエン酸、ベタイン、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、EDTA-2Na、二酸化炭素、メントキシプロパンジオール、メントール、BG、メチルパラベン、PVP、香料
内容成分を見ていただいても「ラウレス硫酸Na」は使用してません、界面活性剤は「ココイルグルタミン酸Na」でアミノ酸系洗浄成分になります。

アミノ酸系の中でも、皮膚への刺激が極めて低く、アレルギー性もほとんどありません。

目への刺激はごくわずかで、現在最も安全なアミノ酸系界面活性剤になります。

そのぶん洗浄力も低くなります。

スポンサーリンク

この洗浄力を補うために「炭酸」が必要になるわけです。

炭酸濃度が5000ppmと高濃度で、血行促進効果のほかに洗浄力もプラスしてくれます、
「グルタミン酸Na」+「高濃度炭酸」
が、頭皮・髪に負担なく皮脂洗浄、そして毛穴の隙間汚れやほこりも洗浄してくれます。

高保湿成分のリピジュアを入れノンシリコンでも手触り感が非常に良くなります。

毛髪補修成分ケラチンにより髪の内側からダメージをケアし、ハリ・コシ・ツヤを与えてくれます。エイジングケアに欠かせない「フラーレン」配合で、頭皮のバリアゾーンにアプローチし、健やかな髪へと導きます。

そして、メントール配合により暑い夏時期にスッキリ爽快な洗い心地で1日の疲れをリセットしてくれます。

3日に1度のスペシャルケアを体感してみてください。

さいごに

メントールは「薄毛」の原因になる噂は全くのデマでした、逆に頭皮の血行促進効果など色々な効果がありましたね、シャンプーで1番重要視する点は界面活性剤です。

高級アルコール系界面活性剤は洗浄力が高いので、頭皮の必要な皮脂まで除去し乾燥を招きフケかゆみの原因、もしくは「抜け毛」や「薄毛」になる危険性もあります・・・

頭皮・髪をケアしたい安全な界面活性剤はアミノ酸系洗浄成分です!

この成分は、高価な成分になりますので、シャンプー自体も値段が上がってしまいますが、後のことを考えたら最低限のケアをしなければなりません、

極端なことをハッキリいいますが「ハゲてから悩んでも遅いです」

当サイトは、エイジングケアができる「ルメント炭酸オイルシャンプー」を推奨しています、

アミノ酸系洗浄成分+高濃度炭酸+高級レアオイル+保湿・補修成分そして「メンソール」を配合してスッキリ爽快を実感できますので、夏の暑い時期は「シトラスミントの香り」で乗り切りましょう!

「ルメント炭酸オイルシャンプー」は人気がある炭酸シャンプーになるので、偽物・模造品・類似品が出回っているようです。

決して安くはないシャンプーなので安心して購入したいですよね!

そのために当サイトは『ルメント』を販売している「株式会社magic number」と提携を結んでいますので、下記リンクの「ルメント公式通販サイト」は安心して購入できるほか、お得な情報が沢山ありますので、是非ともチェックしてみてくださいませ。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
頭 髪美
はじめまして、頭 髪美(とう はつみ)です。 美容業界に携わり19年!「美容師」「美容代理店」「メーカー」との交流があって日々新しいアイテムを模索して「ライター」として情報収集して価値のある情報をお伝えしたいと思います。頭皮(肌)・髪のエイジングケア商品をご紹介していきますので是非、参考にしてください。よろしくお願いいたします。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 頭皮と髪の「エイジングケア」 , 2018 All Rights Reserved.